2012年03月23日

宅急便の話。

ネットで商売したり、オークションでちまちま儲けたり、家にいながらお金を稼げるのってすごく魅力的ですよね。しかし私、もっぱら買う方専門なのです。荷物を受け取る事にも慣れました。不在票が入っていたらすぐに再配達の受付をするようにしています。なので逆に「自分が荷物を送る」という方法がちっとも分かりません。


荷物を送るにはダンボールに入れなくてはいけないという事は、受け取る荷物を見て理解しました。しかしながら私が送りたいのは炊飯器。もちろん買った時の箱なんてとっておいてある訳がありません。話は逸れますが、新品家電を買った時の箱を大事に大事にとっておいている人っていますよね。あれ何故ですか?押し入れの中のそのスペースが無駄です。季節家電なら、しまう時の事を考えてとっておくのはまだ分かります。しかしその他の家電品に関しては、まったくの無駄!ダンボール置くために家賃払ってるようなもんですよ。売る時の事を考えていると言うのならさらに無駄です。たいがい、買い取った中古屋さんもダンボールは捨てています。運ぶのにはすごく楽ですけどね。


話を戻しますと、買った時の箱が無いので捨てる前のAmazonの箱をいくつもつなぎあわせて大きい箱を作りました。強度を保つために角という角にテープを貼ります。家にあった梱包用のテープが黒色だったので、それはそれは怪しげな箱が完成しました。こんな爆弾が入っているような荷物、送ってもらえるのか。不安がよぎります。


さっそくその爆弾のような荷物を持って、近所のローソンに駆け込みました。ど平日のど昼間、マスクをした黒ずくめの私はすれ違う人々から奇妙な視線を投げかけられます。困った世の中になってしまったもんですね!日頃からありとあらゆる物を観察している私は、ローソンの入り口に佐川急便のシールが貼ってある事を覚えていたのです!さすが!こうやって荷物を送るのか!


店内に入り、暇に暇を塗りたくって暇をこねくり回して暇を持て余しているであろうパートのマダムに優しく声をかけます。「あの、宅急便送りたいんですけど。」勘のいい皆様はお気づきでしょうが、ここで私はとんでもないミスを犯してしまったのです。


そう、言葉は口から出た瞬間にもう取り戻せないものとなるのです。痛感しました。ちょっとしたうわさ話が大好物という顔をしたマダムは、私のちょっとした失言もスルーしません。「はい?うちはヤマトさんと契約してないんでぇ〜。宅急便はヤマトさんですよ〜。うちは佐川さんなんでぇ〜。」


まずね、ヤマトだろうが佐川だろうが「さん付け」する意味と必要性を教えて欲しい。次に、伝票持って来てる訳じゃないんだからどっちでもいいのは明らかでしょう。荷物送りたいだけだって分かるでしょう。そして、なんかその態度としゃべり方、腹が立つ!キー!


怒りに震える私は、思わず手に持った爆弾を爆発させてやろうかと思ったのですが、手に持っていたのは箱に入ったただの炊飯器でしたので爆発は起こりませんでした。心優しい私は、暇すぎて疲れているんだな、と思う事にして無事手続きを終えました。もう一生あのローソンで宅配便は送らない!


さてさて。人の振り見てなんとやら、と昔の人は言っていました。私も接客業に携わる一員として今回の一件を忘れないようにしたいと思いました。あのマダムだって、きっと暇すぎて疲れていたか、たまたま気分が悪かったか、昨日は夫の帰りが遅かったのか、ご近所付き合いが上手くいってないのか、姑にいびられているのか、なんかあったんでしょう。そんな所に「宅急便」なんて言ってしまった私が悪いのです。「宅急便」はヤマトの商標登録だから佐川じゃないんだよって事を、分かっちゃいるのに言ってしまった私が悪いってそんな訳あるかー!キー!思い出しただけでイライラしてきた!



愛品館・愛品倶楽部では「ヤマト運輸」で荷物を送る事も出来ます!
http://www.aihin.co.jp/

yahoo店からも、ヤマト便で送ってます。
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub

人気のJOBA、EU7800が出品中。
http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l116408864?u=;aihinclub

私ちっとも興味なかったのに、見ているとだんだん欲しくなってしまいますね。「ファイヤーキング」。
http://ameblo.jp/tofumaker/


紹介したい商品もぞくぞく入荷中です!
引っ越しシーズンで家具大量入荷でてんやわんやの店内ですが、ご来店お待ちしております。
posted by 自転車!楽器!クロキ! at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。