2012年06月05日

テレビについての話。

そんなに話題になっていないみたいですが、興味あるニュースをひとつ。

「イケアがテレビを発売」の衝撃(WIRED.jp)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120605/400323/


記事の最後にも書かれていますが、きっと組み立ては購入者自身で行わなければならなくて、六角レンチとビスがプラモデルのセットのようにパッケージに入っているのだと思われます。しっかり組み立てしないと、使っているうちに歪んできたりして、引っ越しの際には運べないレベルにまでたわんでしまう事でしょう。


確かにディスプレイの優劣って、最早わからない領域まできていると思います。どれだけキレイに見せても、大抵の人が見る番組ってそこまでの映像美が必要なのか疑問ですし、メーカーのスペック説明を読んでみても思うのですが、あれをすべて理解出来る人っていないんじゃないでしょうか。ある程度キレイであれば、それ以上は必要ないし、誰も望んではいないでしょう。


さて。テレビの未来ってどうなっていくのでしょうか。生活していく上で必要な情報はネットのニュースが主流だと思いますし、誰かとつながるのも簡単な世の中です。くだらない映像を見たいのであればいくらでも溢れているし、ドラマもバラエティも何故ネット配信にシフトしていかないのか疑問でもあります。


しかし、テレビが必要な高齢者がいるのも事実です。パソコンというのはとてもむずかしくてややこしいきかいですからインターネットなんてぜったいにわからない、という人もいます。まあ諦めているだけなんですけどね。ニュースも暇つぶしも、すべてがテレビ、そんな高齢者の方々もいずれは世代交代の波に飲まれます。つまり、インターネットが通常の生活にある環境で育ってきた人々が高齢者となるのです。


そんな時代になった時に、果たしてテレビの役割って何でしょうか。娯楽としての役割しかなくなってしまうのではないでしょうか。もちろん、パソコンも待っていないし、インターネットもわからないという高齢者予備軍の方々もいます。そんな人たちって、きっと将来は「村」みたいな所で暮らすしかないんじゃないかなぁと思います。外の世界とは遮断され、食べ物も仕事も人間関係も娯楽も、その村だけで成り立つようなコミュニティ、インターネットは必要ないしSNSも必要ない、そんなイメージです。


娯楽というジャンルしか無くなってしまったテレビ、これってテレビが産まれた時の状況と同じですよね。家族そろって娯楽を楽しむ、新しいスタイルを打ち出した当時のテレビ。還るところもやはりそこなのでしょうか。大げさに言うと未来は無いって事です。すべての家電品、物事、ジャンルに言えるとは思いますが、大げさに言うと未来は無いのです。つまり、常に新しい事を打ち出していかないといけない、って事です。


テレビの話からここまで考察を広げてしまいましたが、今日言いたいのはひとつ。



「液晶テレビ、買い取りしてます」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Appleテレビも気になるね!




愛品館・愛品倶楽部の最新情報はホームページで!
http://www.aihin.co.jp/

yahoo店も!
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub

千葉市美浜区、稲毛区、花見川区、中央区、その他のみなさま!
無料の出張買い取りはこちらからどうぞ!
http://www.aihin.co.jp/kaitori_form.html



愛品館 稲毛店、白い32型AQUOSが入荷しております!今なら各メーカーの32型選びたい放題でございます。お早めに!

posted by 自転車!楽器!クロキ! at 21:09| Comment(0) | テレビ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。