2012年09月21日

LLADRO(リヤドロ)、入荷!

「ここ数日見ないけど、連休なのかなぁ」と思っていたら、ひと夏の苦楽をともに過ごした石原先輩が千葉店に異動になっていました。

IMG00407-20120918-1956.jpg


最後になんだか中途半端なメッセージを残していってくれました。


今後の彼の動向及び千葉店の情報はこちらからどうぞ。
http://aihinkanchiba7765.blog102.fc2.com/

最新のエントリーが素敵です。



男のくせに食器だか置物だかばっかり欲しい欲しい言っていた彼がいなくなった途端、リヤドロ入荷しました。
ナイスタイミング。



LLADRO(リヤドロ)
「やっと目覚めて、伸びをする少年」

IMG00403-20120916-1756.jpg



「ローソクを持つ少女」

IMG00405-20120916-1757.jpg



就寝前に、寝室へ向かう様子が細かに表現されています。
眠たそうな変な顔がそそられます。

IMG00406-20120916-1758.jpg

細かい詳細は、また後日紹介いたします。





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


無料の出張買い取り、ご予約受付中!
http://www.aihin.co.jp/kaitori_form.html

↑上記フォームにて必要事項を入力の上、送信してください。
お近くの店舗から返信がきます。

愛品館・愛品倶楽部の最新情報はこちら!
http://www.aihin.co.jp/

yahoo店はこちら!
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



LLADRO(リヤドロ)、買取強化中。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑動物のシリーズ、欲しいですね。



私クロキ、リヤドロなんてちっとも欲しいと思わなかったし興味も無かったのですが、触れているうちにだんだん欲しくなってきますね。これが本物の魅力なのでしょうか。それともただブランドに弱い私のちんけなミーハー心のせいでしょうか。
posted by 自転車!楽器!クロキ! at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

ロンドンオリンピック2012モデル コカコーラ マウンテンバイク、入荷!

私クロキ、何かを応募してもらえるプレゼントや懸賞の類いなどはちっともやらないのですが、やはり好きな人は好きみたいだし、当たる人は当たるらしですね。話は逸れますが私クロキ、パチンコもスロットも競馬も競輪もやりません。ギャンブルと名のつくものは一切やりません。宝くじも買った事ありません。ギャンブルみたいな人生ですからね、そんな遊びにお金を使っている暇も時間もありません。


ちなみに、愛品館 稲毛店、加藤さんはサッカーくじ「toto」で大儲けした経験があるらしいです。今の彼の貧困っぷりを見ている限り、嘘だと思いますけどね。サッカーは勝敗を賭けてもいいのに、野球は無いんですね。相撲も問題になりましたからね。「野球くじ」や「相撲くじ」をオフィシャルで作って堂々とギャンブルやらせれば良いのにと思います。


パチンコやスロットも、馬鹿みたいな店舗を構えて何一つ良い事ない環境を作りだしているのに、オフィシャルですからね。やる人間しか集まらないんだから、どっかの地下に巨大なカジノを作って暇人はすべてそこに放り込んでおけば良いのに、と思います(東京)。わざわざ駅前や国道沿いに作る必要なんて無いんですよ。




さて。
ギャンブルの事を書き始めるととまらなくなるので商品をご紹介。

懸賞でもらえるやつ、入ってきましたよ。



IMG00395-20120912-1751.jpg

LONDON OLYMPIC 2012(ロンドンオリンピック2012)仕様のマウンテンバイクが入荷いたしました。

コカコーラを飲んで応募するともらえるやつです。

24インチと、ちょっと小さめですが欲しい!私、欲しい!


IMG00394-20120912-1751.jpg

素敵なデザイン。
当選してそのままといった流れなので、タイヤもキレイ。ほとんど未走行車でございます。

リサイクルショップならではの商品。
懸賞モノは正直価値が分かりません。ワンピース系だって高額のもあればそうでもないのもありますからね。








まだまだクロスバイク、ロードバイク、買取強化しております!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑GIANT(ジャイアント)、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、CANNONDALE(キャノンデール)、SPECIALIZED(スペシャライズド)、Bianchi(ビアンキ)、COLNAGO(コルナゴ)、PINARELLO(ピナレロ)、FUJI(フジ)、ANCHOR(アンカー)、TREK(トレック)、このあたり嬉しいです。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お持ち込みが難しい家具や家電、冷蔵庫や洗濯機などは、無料でご自宅まで買い取りにお伺いいたします!
お見積もりのみでもOK。
http://www.aihin.co.jp/kaitori_form.html

↑上記買取フォームから、お気軽にどうぞ!


愛品館・愛品倶楽部の最新情報はこちらから!
http://www.aihin.co.jp

yahoo店はこちらから!
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




posted by 自転車!楽器!クロキ! at 21:40| Comment(0) | 自転車! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

一澤帆布 ショルダーバッグ、入荷!

いよいよ今月の17日まで!という大々的な告知を受け、マウリッツハイス美術館展に行って参りました。

IMG00391-20120911-1616.jpg



【マウリッツハイス美術館とは】

オランダの政治的中枢を担う第3の都市ハーグの中心地に位置し、所蔵作品は約800点と小規模ながら、選りすぐりの名品を所蔵し、「王立絵画館」の呼称で親しまれています。なかでも、世界にわずか三十数点しか現存しないフェルメール作品を3点所有するなど、17世紀オランダ・フランドル絵画の質の高さは比類のないものです。
「マウリッツ」の名は、代々オランダ総督を務め、のちに王室となるオラニエ家の傍系、ナッサウ伯ヨーハン・マウリッツ(1604-79)に由来します。ヨーハン・マウリッツは、当時植民地だったオランダ領ブラジル総督を務めた人物で、その邸宅が1822年から美術館として使われています。火災に遭いながらも、外観は17世紀に建設された当時の面影を残しています。優美な古典主義様式と個人邸宅の親しみやすさとが相まって、コレクションと見事な調和を果たしているのが特徴です。



との事です。
http://www.asahi.com/mauritshuis2012/


フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」を一目見ようと、平日の真っ昼間にたくさんの人々が訪れていました。館内に入るまで60分待ち、館内に入って「真珠の耳飾りの少女」を観るために40分待ち、といった過酷な鑑賞環境の中、私クロキ、入館してからはすたすたと進んで15分くらいで終了してしまいました。遠目から観た少女は、それはそれは美しかったですね。館内をもっと明るくして写真撮影とか出来るようにしたらもっと良いのに。


当日券を買ってから60分待ちの列に並ぶ、というシステムでした。チケット売り場で私の前に並んでいたのは、ひとりのおばさん、その前には男性。おばさんが男性にやけに密着していたので、てっきり親子かと思っていました。しかし男性が発したのは「当日券を一枚」という言葉。どうやら他人だったみたいです。だったら何故そんなにも密着しているのか。


疑問は、男性がチケットを受け取っている時に解消されました。男性が窓口でもたついている後ろでは、見ず知らずのおばさんが覗き込むようにしてお金を渡そうとしています。そう、60分待ちの列に一秒でも早く並びたかったみたいです。窓口の係員から奪うようにチケットを獲ったおばさんは、軽いダッシュで列の最後尾へ消えていきました。いくら急いでいたって、前の人に密着するくらい焦らなくてもいいでしょうに。神経質そうなおばさんでした。


私もチケット購入後、列に加わったのですが当然そのおばさんの姿は発見出来ず。決して自分自身に直接的な害はないのですが、なんか嫌な人です。館内に入る直前、係員が「ここからは4列にならんでください」とアナウンス。左から2列目、前に人に添ってきちんと並ぶ私クロキ。すると、当然後ろから「はい、ちょっとすみませんね。はい、4列ね」と言いながら中年の男性が私を押しのけて、当然のように私の並んでいたポジションを奪いました。


こんな時って、本当に言葉が出ないものです。怒りや憤りよりも、びっくりしていまいました。その隣のマダムと夫婦なのかと思いましたが、どうやら違う様子。こんなにも堂々と割り込みされたの産まれて初めて!で、館内入ったら列バラバラになっちゃって、4列に並んだ意味なんてちっともありませんでした。


絵画も音楽も物も、良いモノは人生を豊かにしてくれると信じています。クソみたいな人がいっぱいいて嫌になっちゃいますけど、良いモノに囲まれていれば少しは和らぎます。



そんな良いモノ、入荷いたしました!



IMG00382-20120907-1431.jpg

一澤帆布、ショルダーバッグ、トートバッグ、入荷!


【一澤帆布とは】

初代一澤喜兵衛(1853年(嘉永6年)生まれ)が行っていた西洋洗濯(クリーニング)や楽団KYOTO BANDが始まり。現在の一澤帆布は、1905年(明治38年)に創業。大正時代になると自転車が普及し、自転車のハンドルに掛ける道具袋の需要が生まれ、2代目一澤常次郎のもとで、薬屋、牛乳屋、大工、植木屋、酒屋などの職人用カバンの製造を行った。戦後はリュックサックやテントも手がけ、職人用カバンを基にした各種のかばんで知られるようになる。3代目一澤信夫とその弟一澤恒三郎により、売り上げを伸ばした。このころに、信夫四男の一澤喜久夫が考案した「一澤帆布製」というタグを使うようになり、有名となる。その後、1990年代には(社)京都デザイン協会主催「京都デザイン優品」に信夫、恒三郎、喜久夫、入江祐子らによるバッグや常次郎、信三郎による小物などを出品、入選している。

2006年(平成18年)、相続をめぐるトラブルにより一時営業休止した。同トラブルにより、創業一族の信三郎とそれまで勤めてきた職人は退社して、同様のかばんを取り扱う一澤信三郎帆布を設立。一澤帆布工業株式会社を継いだ長男の一澤信太郎は新たな職人と素材で2006年(平成18年)10月16日より営業を再開した。2009年(平成21年)6月に裁判で決着がつき、信三郎夫妻が3年ぶりに経営に復帰したこともあり、7月7日から休業していた。

2011年(平成23年)3月28日、信三郎が「一澤帆布」のブランド復活、並びに4月6日から一澤帆布工業株式会社の店舗にて営業を再開すると発表した。「一澤帆布」ブランドと、従来の「一澤信三郎帆布」とは当面併売される。



との事です。(Wikipediaより)



IMG00384-20120907-1431.jpg


一澤帆布製のかばんは帆布(はんぷ)と呼ばれる綿、および麻製の厚布で作られていて、実用性の高いデザイン、抜群の耐久性などを特色とし、写真、登山、地質調査などの機材運搬用のかばんとしても根強い支持を受けてきました。「京都市東山知恩院前上ル 一澤帆布製」と縫い込まれた赤枠のタグで有名です。

販売は京都市東山区にある一澤帆布店および、その通販でしか行われていません。


大、小のショルダーバッグと、内側にポケットのついたトートバッグが入荷です。


他にもPORTERやラルフローレンの素敵なバッグが入荷しております。

買取もまだまだ募集中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑アウトドアウェア、リュックも募集中。






□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


無料の出張買い取り、ご予約受付中!
http://www.aihin.co.jp/kaitori_form.html

↑上記フォームにて必要事項を入力の上、送信してください。
お近くの店舗から返信がきます。

愛品館・愛品倶楽部の最新情報はこちら!
http://www.aihin.co.jp/

yahoo店はこちら!
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


posted by 自転車!楽器!クロキ! at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

cannondale ロードバイク CAAD10 5、入荷!

愛品館 稲毛店、営業時間内(9:00〜19:00)でしたらいつでも「持ち込み買取」を受付しております。入って右手すぐにカウンターがありますので、どしどしお持ち下さい。


IMG00339-20120830-1817.jpg

そんな買取カウンターにて、石原さんが珍しく真面目に仕事をしておりました。


そう!

cannondale ロードバイク CAAD10 5、入荷!

IMG00341-20120830-1823.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

フレーム重量1150g。超軽量CAAD10は、ほとんどのエリートカーボンフレームを凌ぐ剛性となめらかさの夢のようなブレンド。高性能アルミがここに復活しました。

「多くの高価なカーボンバイクと互角に勝負し、打ち負かすことのできるバイクだ。キャノンデールは錬金術にも似たことをやってのけた。」


(メーカーサイトより)
--------------------------------------------------------------------------------


アルミの魔術師とも呼ばれるキャノンデールが開発した画期的なアルミバイクがCAAD10です。
薄いアルミを使い、太いチューブを作る事により軽量で高い強度を実現しています。


新設計になる度にその数字を一つずつ増やしてきたCAADシリーズ。

もちろん過去のモデルも、当時は最先端のアルミバイクでした。中でもCAAD9はアルミバイクの中では“特別な存在”として扱われるほど総合性能が優れていました。

「世界一軽量なアルミバイク」
「世界一の剛性バランスを持つアルミバイク」
「世界一快適なアルミバイク」

前作を超えるために、この3点を使命に掲げたCAAD10。素材に6069T6アルミを採用したフレームは重量1,130g。インストールされるCAAD10フルカーボンフォークの重量が390gで、フレーム&フォーク合計で1,520gと、言葉通り軽く仕上げられています。

横剛性を上げつつ縦方向に柔軟性を持たせたスーパーワイドトップチューブのほか、オーバーサイズダウンチューブ、左右非対称チェーンステー、デルタシートチューブ、鍛造ブレーキブリッジ、上下異径ヘッドベアリング、BB30など、これでもかと新しい技術がつぎ込まれています。

そして快適性は、マウンテンバイクのFLASHやコンフォートモデルのシナプスにも搭載される同社自慢の振動吸収マイクロサスペンション機構「SAVEステー」や、オフセットドロップアウトを採用したフルカーボン・テーパーフォークなどで獲得。

前作CAAD9に比べても、新たな試みと新たな技術が惜しみなく注ぎ込まれている、まさしく刷新されたアルミバイクがCAAD10なわけです。



IMG00359-20120904-1819.jpg

■フレーム:CAAD10 Optimized 6069 alloy
■サイズ:56p
■コンポーネント:SHIMANO 105(20SPEED)
■タイヤ:SCHWALBE LUGANO 700×23C


高校生が二ヶ月分バイト代貯めたら買えるくらいの金額で販売中。







ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、まだまだ買取強化中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑GIANT(ジャイアント)、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、CANNONDALE(キャノンデール)、SPECIALIZED(スペシャライズド)、Bianchi(ビアンキ)、COLNAGO(コルナゴ)、PINARELLO(ピナレロ)、FUJI(フジ)、ANCHOR(アンカー)、TREK(トレック)、このあたり嬉しいです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お持ち込みが難しい家具や家電、冷蔵庫や洗濯機などは、無料でご自宅まで買い取りにお伺いいたします!
お見積もりのみでもOK。
http://www.aihin.co.jp/kaitori_form.html

↑上記買取フォームから、お気軽にどうぞ!


愛品館・愛品倶楽部の最新情報はこちらから!
http://www.aihin.co.jp

yahoo店はこちらから!
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



先日のMartinといい、このcannondaleといい、良い商品を買取させていただいております。ありがとうございます。次はfender USAのヴィンテージあたりをお願いします。

posted by 自転車!楽器!クロキ! at 22:21| Comment(0) | 自転車! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

Martin アコギ 000M、入荷!

家が建てられる程の金額もするギターは数あれど、ブランド力も品質も広く認知されているメーカーと言えば「Martin(マーティン)」ではないでしょうか。


IMG00363-20120905-1323.jpg


はい。Martin アコースティックギター 000M、入荷!


IMG00365-20120905-1331.jpg




ボディ:単板スプルーストップ
サイド&バック:合板マホガニー
ネック:セレクトハードウッド
指板:モラド
シェイプ:オーディトリアムシェイプ
カラー:ナチュラル(サテンフィニッシュ)
付属品:ハードケース(メーカー不明)




王道であり定番であり憧れでもあるマーティンサウンド。現行モデルの中では比較的安価な「Road Series」というシリーズですが、トップラインのギターと同じくナザレスのマーティンファクトリーで製造されるギターです。


価格を抑える為に、サイドとバックは合板のマホガニーですがボディトップの材質は単板のスプルース!どうやらマーティンは2005年あたりから、ネックの材質をマホガニーからセレクトハードウッドに変更しているらしいです。原因は、単純にマホガニーという木自体が不足しているからと言われています。ネックに使う材木は、硬くて木目が揃っていて加工がしやすい、といった事が条件に挙げられますから、セレクトハードウッドという言い方は「マホガニー以外の」といったニュアンスみたいです。


アコースティックギターのボディシェイプでポピュラーなものとしては「ドレッドノート」、少し大きめの「ジャンボ」、そしてこの若干細身の「オーディトリアム」といった3つに分けられます。定番のドレッドノートよりも小さめのボディなので、女の子でも弾きやすいシェイプです。ギター自体の重量は軽いのですが、しっかりとギター全体が鳴ってくれて非常に弾いていて気持ちが良いです。




IMG00364-20120905-1324.jpg


楽器と言えばつやつやした塗装が一般的ですが、これはサテンフィニッシュ(つや消し)なので表面はマットでございます。私クロキ個人的に、つやつやしていない楽器が好きです。メーカー不明のハードケースが付属!さらに、なんとストラップピンが欠品しております!


IMG00368-20120905-1343.jpg

気になる方は、別途ご購入ください。私はちっとも気になりません。アコギは座って弾くものですからね。





アコースティックギター、クラシックギター、ガットギター、まだまだ買取募集中!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑Martinはもちろん、K.Yairi、GUILD、YAMAHA、Takamineあたりも募集中。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


無料の出張買い取り、ご予約受付中!
http://www.aihin.co.jp/kaitori_form.html

↑上記フォームにて必要事項を入力の上、送信してください。
お近くの店舗から返信がきます。
押し入れで眠っているギター、引っ張り出しておいてください。


愛品館・愛品倶楽部の最新情報はこちら!
http://www.aihin.co.jp/

yahoo店はこちら!
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


高校生が一ヶ月バイト代貯めたら買えるくらいの金額で販売中。
試奏の際はお気軽にお声がけ下さい!

高校生が二ヶ月バイト代貯めたら買えるくらいのcannondaleのロードバイクも入荷しております。
これは後日!



posted by 自転車!楽器!クロキ! at 22:48| Comment(0) | 楽器! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。